エア・ドリームにインサートエアピローのカバーは使えるのか

701.jpg

 先日SSI JAPANからエアドリームシリーズ発売の一報をお届けしたが、気になったのが「タマトイズのインサートエアピローシリーズ(初代)とは互換性があるのか?」ということ。結論から言うと互換性アリだ、詳細は以下の通り。

701.jpg

 まずは並べてみた。大きさ、構造、素材、印刷などはほぼ変わらない。

702.jpg

 重ねてみるとタマトイズのインサートエアピローシリーズの方がやや大きい気もするが、使っていた分伸びているかもしれないし、個体差もある。これ位なら「ほぼ同じ大きさ」と表現する方が正しいかもしれない。

 では違いがないかというと、細かい点ではあるが二点ほどあったのでお伝えする。

703.jpg

 今回の「エア・ドリーム」は角に丸みを持たせていることが特徴の一つなのでカバーもそれに合わせて角に丸みを持たせている。

704.jpg

 またホールポケット部の開口部が「エア・ドリーム」シリーズ用の方が大きくなっている。

705.jpg

 しかし大きさはほぼ同じなので互換性はある。今回はにインサートエアピローシリーズのカバーを装着してみたが全く問題なかったので、多分逆も大丈夫だろうと思う。

 今回の記事はどっちがいいではなく、互換性があるか無いかの話だが、結論から言うとバッチリなので色々使い回して楽しめそうだ。特にカバーは「善し悪し」より「イラストが好みか」の方が重要だと思うので、「エア・ドリーム」シリーズでも今後バリエーションが増えるとなるとユーザー的には選択肢が増える。そうなればより好みの絵に出会える可能性が高まるので、今から楽しみだ。

【関連レビュー】

絶対バレない究極のエアピロー「エア・ドリーム」レビュー


エア・ドリーム

(まず本体は必須)

カバーは好みで気に入ったものを選ぼう!


インサートエアピローシリーズ(エムズ)

あわせて読みたい