「リアルボディ+3Dボーンシステム ちっぱい皐月もも」パッケージレビュー

901.jpg

 オナホ館に並んだ三種の新型リアルボディ、折角なので3つのうち「リアルボディ+3Dボーンシステム ちっぱい皐月もも」のパッケージをレビューしてみたい。流石にこのクラスになると箱の大きさ、デザインも購入欲をそそる雰囲気だ。

901.jpg

 昨日一報した通りオナホ館には新作三種が揃っていた。今回はその中で「リアルボディ+3Dボーンシステム ちっぱい皐月もも」のパッケージをレビューしてみたい。

902.jpg

 前作とパケケージの大きさを比較してみる。幅、奥行きは今作も前作も同じだった。

903.jpg

 しかしパッケージの高さは今作の方が一回り高い。本体も前作は7~10kgだったが、今作は8kg~11kgと一回り大きくなっているのでその関係で箱も大きくなったと思われる。

904.jpg905.jpg

 二穴はこのクラスではお約束だが、前後で味付けが変更されているので二つの感触を楽しむことが出来る。

906.jpg

 徳田しんのすけ先生によるラフ画もパッケージに載っている。色が着いていなくても可愛い!!

907.jpg

Oh、ちっぱい!!

あわせて読みたい