レトロなパッケージが斬新「オナニス技研 オナホウルH」レビュー

201.jpg

 「オナホウルH ピンクハード 新世代男磨き」のレトロなパッケージに惹かれお一つ購入してみた。「H(ハード)」と謳っているが、即抜きに使いやすい手頃な小型オナホだ。

201.jpg

 パッケージと内容物。全体としてレトロなコンセプトではがきサイズのカードが入っている。個人的にオナホ云々前にこう言うコンセプトは好き。

202.jpg

直径48mm位、長さ122mm位の小型オナホの大きさだ。しかし既視感のあるオナホだ、確か・・・。

203.jpg

 やはり「MUGEN∞ しりぺっと」の物と同じだ。内部構造、素材見た感じ全く同じ。つまりMUGEN∞ しりぺっと」の交換用オナホとしても使える。というか、一時期店頭に「交換用オナホ」として並んでいたが、「交換用オナホ」だと当然ながら本体を持っている人しか買わない。このオナホ単体でも十分使えるので、この様なアプローチは面白いと思う。

 ところで「MUGEN∞ しりぺっと」の話になったが、発想が新しくもう少し詰めが欲しいところではあるが、「オナホの中にオナホをセットする、メンテが簡単な尻オナホ」と面白いオナホだった。興味がある人は「MUGEN∞ しりぺっと」の商品ページを見てみて欲しい。


MUGEN∞ しりぺっと

204.jpg

 今回はハードタイプの「H」を使用してみたが、心地よい気持ちよさで即抜きに手頃な感触だった。「MUGEN∞ しりぺっと」のものを単体で使用するという発想は無かったが、新しいものを作る際に良く練られた造りだと思う。1000円前後の価格でこの使用感、新しいコンセプトのパッケージ、しかもレトロなカード付でパッケージにビビッと来た人ならオススメしておきたい。

205.jpg

 カードをスキャンしてホーロー看板風の写真にしてみた。「MUGEN∞ しりぺっと」の付属品持っているけど、ソフトも買おうかな。

あわせて読みたい