宇佐羽えあ「えあうぃっぐ」に新色「ディープブルー」

701.jpg

 宇佐羽えあのオプションが続々復活してきていることはジョークグッズジャーナルでもお伝えしてきているところですが、Amazonで「えあうぃっぐ(ショート)ディープブルー」という新色を確認しました。水面下で何やら動いているようです。




えあうぃっぐ(ショート)ディープブルー

 年末に在庫確認した時は発見できませんでしたが、Amazonの扱い日を見ると2019年10月26日~となっています。商品名が「えあうぃっぐ」となっており私は「えあ★うぃっぐ」で検索しているのでそこで漏れたのかもしれませんが、何故ここで新色を出す必要があったのかと考えさせられます。

 しかし同色でボブやロングは設定されていないことや、これまでにあった色(ブラウンなど)の復活前にこの色を出す意図などは読めませんが、まだまだ期待できそうです。


えあうぃっぐ(ショート)ブラック

えあうぃっぐ(ボブ)ブラック

 また年末には無かった黒のボブ、ショートが加わり、黒は3タイプ勢揃いです。年末に7種類だったえあうぃっぐは今日現在10種類になっています。

702.jpg

・ Amazonで「えあうぃっぐ」を検索

 また先日カートが開いていることをお知らせしていた「えあたいつ」も現在在庫有りで購入できます。長らく欠品続きだったので更新したかった方や、エンジェリックドールへの流用もようやく出来る感じです。


えあたいつ

 また宇佐羽えあのオプションは「えあ★~」で始まるひらがな表記が特徴でしたが、Amazonの商品名表記が★無しの「えあ~」になっているのも気になります。昨年末に買った「えあますく Face.05 ジト目」も現在★無し表記ですが、10月の注文を確認してみると★有りで「えあ★ますく」となっていました。

 多分以前のプロジェクトに加わっていない新しい方が奮闘されているのではないかと思います。まだまだユーザーも多い宇佐羽えあ界隈だと思いますので過去のオプションの拡充が一段落したら、新しい進化を見せて欲しいところです。

 PS 個人的には「えあますく」の無地の復活を期待したいと思います。顔を印刷せず出荷するだけですから開発費は要りませんが、登場時よりカスタマイズの波は来ていると思いますので需要はありそうです。

製品情報他の記事

  • エムズの撮影特価品にくうフェイス&くうヘアー登場
  • タマトイズの新製品「日焼け美少女エアドール」は日焼け跡が斬新
  • エムズから焼肉をイメージしたカップオナホ「肉々苑」10日発売
  • A10ピストンSA、レールポジション式のピストン運動が究極の動き
  • 抱き枕におっぱいを固定する「おっぱい固定用チューブトップ」
  • エーワン エアドール新シリーズ「はめキュン学園」始動
  • 宇佐羽えあ「えあうぃっぐ」に新色「ディープブルー」
  • 加藤紗里が連日話題ですが、オナホが話題に上らない不思議
  • P×P×Pからマジックフェイスの第三弾「カスタム」登場
  • タマトイズはカーフレグランス発売に満足してはいけない
  • 二次元中心、ラブドールを撮影モデル視点でレビュー&カスタマイズ情報サイト「キャラドールトランシス」

    cat.jpg

    ラブドール別・オナホ適合表

    2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        

    アーカイブ

    Powered by Movable Type 6.0.8

    ラブドールレビュー

    ■ ぬいぐるみ

    (ラブドール・ホールポケット研究所)


    はにーどーる もこ


    ふぇありーどーる「おすわり」のの


    エンジェリックドール


    エンジェリックドール添い寝Ver.


    木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 なつね 改良型

    ■ TPE

    (ジョークグッズジャーナル)


    Banidoll(BVBNDOLL工場直売)アニメ顔風ヘッド

    おすすめショップ

    (当サイト経由売上順)

    アダルトグッズのNLS

    Amazon.co.jp

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています