焼き肉をイメージした「エムズ限定」カップオナホ「肉々苑」再販!

 3月頃に一度販売されたエムズ限定の焼肉をイメージしたオナホが再び販売を開始した様です。しかも記憶が正しければ前回は600円台だったものが、500円台にプライスダウンされより試してみ安くなっています。

 前回見た方は既に理解されていると思いますが、いきなり「焼肉をイメージしたオナホが発売」と言っても「何を言っているのか、意味がわからない」というところだと思いますので、とりあえず商品の解説を簡単にしていきたいと思います。

 この製品の最大の特徴は焼き肉の「カルビ」「ハラミ」「ハチノス」がイメージされた内部構造になっています。「カルビ」「ハラミ」「ハチノス」それぞれの名称で画像検索して貰うと、脂、筋、模様が内部構造の形状に似ていて「なるほど」となると思います。

 そしてそれぞれリーズナブルな500円台の価格のカップオナホになっています。パッケージラベルは肉々しい雰囲気ですが、中身は白いエラストマーですので見た目的にも抵抗感は無さそうです。それでは公式ページから画像をお借りしてそれぞれの内部構造について簡単に解説したいと思います。


肉々苑 カルビ

 一面に脂のあるカルビのような雰囲気で規則性のない小さな凹凸になっています。(内部構造が分かりやすい様、エムズ公式写真のコントラスト、明るさをいじって掲載しています。実物は白いエラストマーです。)


肉々苑 ハラミ

 ハラミの筋状の脂(?)の様な斜めのヒダ構造です。(内部構造が分かりやすい様、エムズ公式写真のコントラスト、明るさをいじって掲載しています。実物は白いエラストマーです。)


肉々苑 ハチノス

 ハニカム状のいかにもハチノス的な内部構造です。(内部構造が分かりやすい様、エムズ公式写真のコントラスト、明るさをいじって掲載しています。実物は白いエラストマーです。)

 最近はオナホもリアル系と非リアル系の二極化が進行していますが、このオナホも非リアル系の一形態だと思います。先月にはタマトイズからエイのオナホが発売されましたが、数年前には「股間観光」シリーズなんていう各地の名産をイメージしたオナホもありました。

 実際にはなかなか挿入できないものに気軽に挿入する疑似体験ができるこの非リアル系というジャンルも次々とアイデアが出てくるジャンルで、商品が発売になると驚かされる面白いジャンルです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です