ホッパの『おっぱい固定用チューブトップ』レビュー

 ホットパワーズの「おっぱい固定用チューブトップ」は私自身も興味があり、また記事のランキングでも先日まで上位にいましたので試しにレビューしてみたいと思います。今回は普通のサイズの部屋にある普通のおっぱい(実測1.8kg)を装着してみました。

 今回はそれほど大きいおっぱいではないということでLサイズとしました。抱き枕は普通の抱き枕が無かったので『インサート二股クッションピロー』を使用します。幅を比較するとこの段階で抱き枕カバーより少し小さい感じです。しかし素材が伸びますので、『伸びて圧迫され固定する』ということだと思います。

 巻いてみました。伸ばして装着するので少し力が要る感じです。あらかじめカバーイラストのおっぱいの位置に目星を付けておき、そこに合わせてセットする感じです。

 おっぱいをセットしてみました。かなり左右はグッと締め付けられている感じですが、その分重量のあるおっぱいでも固定できそうです。

 いよいよカバーを被せます。おっぱいの位置の微調整をしたいところですが、カバー自身も平気で数cm動きますし、イラストのおっぱいの幅とグッズのおっぱいの幅は同じではありませんから乳輪を合わせようとするとまず無理です。

 しかし先ほど締め付けられて、抱き枕本体はクビレていましたが、イラスト付きのカバーを装着すると違和感は無くなります。クビレもメリハリの様な感じになり、パッと見にはおっぱいも立体的になりいい感じです。

 しかし乳輪の位置を合わせるのは至難の業。そもそも抱き枕カバー自体が先程も書きましたが、数cm位は普通にずれますので合わせる意味も無いかもしれません。

 しかしおっぱい鷲掴みの感触はなかなかです。撮影中にムラムラ来たので丁度二股ピローだったこともありホール装着して一発ハメてしまいました。『イラストに合わせて綺麗におっぱいが美しくセット出来る製品』という視点で評価すると「?」ですが、『重量があるおっぱいがそれなりにしっかり固定できて鷲掴みに出来る製品』と考えると価格も手頃ですしなかなか良いアイデア製品だと思います。綿を掴むのとエラストマーのおっぱいを掴むのではまさに雲泥の差です。

 また以前湯たんぽで体温というコンテンツもご紹介しましたが、冬になれば湯たんぽを固定するのにも良いアイテムになりそうです。


おっぱい固定用チューブトップ

あわせて読みたい