タマトイズの『スクール水着マスク』旧型スク水の造り込みが凄い

 前回縞パン、ギャグボール、アヘ顔のマスクを作ったタマトイズが今度はスクール水着のマスクを作りました。単に水着生地を使うだけで満足せずスクール水着の雰囲気を徹底追及、特に旧スクール水着の造り込みが半端ない仕上がりになっています。

 素材は写真でもパッと見水着生地と分かりますが、タマトイズのこだわりは水着生地を使用するだけでは満足できません。スクール水着下側のスカート部分の雰囲気がマスク下側に再現されています。

 このスカート部と表現されている部分は「前垂れ」と呼ばれ、上側から入った水の水抜きとして存在していた様です。

 更に凄いのは既に市場では水着生地を使用したマスクも出回っていて、紺色の無地の状態なら普通に使えるマスクに仕上がったにもかかわらず、「おなまえタグ」を付けて人前で使うのに勇気が必要な製品にしてしまったこと。まるで「タマトイズを甘く見るな!」と言っているようです。


旧スクール水着マスク

 更に新型スクール水着もマスク化。白いパイピングが特徴の新型を上手くデザインしているようです。現行のスクール水着には前垂れがありませんので、こちらは普通のデザインとしっかり作り分けています。見方によっては胸部をカットしてマスク化した様にも見えますw。


スクール水着マスク

 また今回のマスクに種の発売と同時に「女子用スクール水着の匂い」も同時発売、「ハ〇ター薄めて振りかけといたらダメなの?」と思うのですが、多分タマトイズならではのこだわりがあるのだと思います。


女子用スクール水着の匂い

あわせて読みたい