「発情ギャルのエンドレスファック」パッケージ&本体外観レビュー

 私の場合、製品購入に至るプロセスというのは二つあり、一つは内部構造や、素材、あるいは市場での人気など製品の概略を見て「これは面白そうだぞ!」と頭で考えて購入するケース、そしてもう一つは下半身が言うことを効かなくなって気付いたら購入に至っているケースです。

 今回の「発情ギャルのエンドレスファック」は100%後者でした、パケ絵に対する一目惚れというところでしょうか。という訳で今回は一目ぼれしたパッケージと小柄ながらもエロく魅力的な本体の外観レビューを行ってみたいと思います。

 パケ絵に対する一目惚れと先程書きましたが、パケ絵だけでなく踊るコピー、吹き出しのセリフまで全てがいい感じです。勿論パケ絵も金髪、表情、デカい乳輪、ヒョウ柄の下着まで完璧です。

 店頭には同時発売で、同じエーワン製、価格,重量も同一の「えっちなお姉さんのまんぐり孕ませプレス」もありましたが、「発情ギャルのエンドレスファック」しか目に入りません。総重量1800g、5kgを超える尻オナホも多い中では小ぶりと考えていたのですが、いざ店頭で持ち帰ると考えるとなかなかの大きさです。

 大きめの手提げ紙袋に入れて貰い、無事お買い上げ終了。

 ハンドオナホ(ラブドール装着タイプ)のパッケージと比較してみます。やはり大きなパッケージです。殆ど下半身の衝動で購入した様な感じですが、やはり見た目や大きさも重要な要素です。パッケージを開ける前から満足状態です。

 しかしそこで満足していてはレビューになりませんので、パッケージを開けて中を確認します。内部はブリスターパックではなくウレタンで保護されていました。黒のウレタンの中に納まっていると何だか高級感があります。

 先程も書きました様に1800gは尻型ホールとしては小さい方ですしその分価格も5000円とお手頃ですが、重厚な梱包が「ハンドホールより一段上位の据え置き型ホールを購入したんだ」という気分にしてくれます。

 中から取り出して手を当ててみると尻型ホールとしては小ぶりなのが分かるかと思います。1/1ではなくて1/1.5、2/3位のイメージです。この時はまだ「ギャルなんだからもう少し黒い方がいいんじゃない?あ、お尻は日焼けしてないか!」なんて自問自答している位冷静でしたが・・・。

 ここから見てみると「何で黒ずんでいるんだよ!」もう最高です。この色の付け方もうっすらという感じで、汚いレベルまで黒ずんでいるとそれはまたそれで萎えるので絶妙ではないかと思う訳です。脚の付け根のシワの入り具合といいとてもエロくていい感じです。

 なお色の黒ずみだけでなく挿入口の造形もリアルです。モザイク無しの画像は各ショップの商品紹介ページでご覧ください。

 パッケージと組み合わせて、尻を突き出しながらも振り向いておねだりしている図です。「もう最高!」しか言葉が出てこないでしょう、という感じです。これだけでおかずになります。

 ということで外観レビューはこれで終わりになりますが、二穴オナホですから後日二穴使ってみたレビューもお届けします(我慢できなくなって記事を書いている現在既に使っているのですがw)。


発情ギャルのエンドレスファック(エムズ)
他の取扱店:NLSFANZAホットパワーズAmazonなど

あわせて読みたい