リアルボディ極生乳☆ヴィーナス~うるし原智志監修~、ワイルドワンで先行販売

 リアルな造形美を誇るリアルボディと言えばSSI JAPANですが、SSI JAPANではその造形技術を生かしたおっぱいグッズ「リアルボディ極生乳」もリリースしています。そんなSSI JAPANが三和出版とコラボ、うるし原智志先生が監修した「リアルボディ極生乳」が今回紹介する「リアルボディ極生乳☆ヴィーナス~うるし原智志監修~」になります。

・ Amazonでうるし原智志先生の作品を見てみる

 ところでおっぱい本体は既に「極生乳」として3シリーズを発売しているSSI JAPANだけに手堅く土台、内側、外皮、乳輪と4種の素材を使用、うるし原智志先生の監修と相まって見た目、揉み心地とも極上のおっぱいを作り上げています。

1.興奮して固くなった乳首は、コリコリ素材で再現!
2.外側は柔肉素材で手のひらに吸い付くような肌触り!
3.内部は女の子特有の弾力を持たせるためやわらか素材を使用!
4.大ボリュームのおっぱいをしっかりと支える、ベース素材。

 という四重構造です。余談ですが、この様な4つの素材を組み合わせて作る工程では手間がかかるのは容易に想像が付きますが、実際のところどれ位の手間がかかるかというと「1日に数個しか作れない」レベルの様です。

 またうるし原智志先生監修の中で理想のおっぱいを作るにあたり、乳首の微妙な色が理想通りにならず苦労した様です。こうしてはじめてエラストマー製グッズの製品監修を手掛けた記念すべき逸品は完成しました。

 そしておっぱいグッズなのですからおっぱい本体も重要ですが、この製品の場合うるし原智志先生が描き下ろしたパッケージも重要になってきます。製品のおっぱいに丁度良い大きさの等身大サイズで描かれたイラストは「箱も重要」と感じさせてくれる逸品です。

 箱の裏側には「ファン大興奮のあの描写も」とありますが、この辺はどんなイラストか、それはお迎えして(買って)のお楽しみとなっているようです。

 おっぱいグッズはSSI JAPANでも現在5種、また他社でも数多くのグッズがリリースされていますが、今回は三和出版とコラボ、うるし原智志先生が監修、更にパッケージも自ら描き下ろしというスペシャルな製品になっています。ファンなら是非押さえておきたい、そんなファンアイテムにさえなっていると思います。


リアルボディ極生乳☆ヴィーナス~うるし原智志監修~

あわせて読みたい