A10ピストンBASIC レビュー(開封&外観編)

 「A10ピストンBASIC」は「A10ピストンSA スタンドアローン」をクランク駆動にして価格を半分以下にした廉価版という位置付けです。2万円でお釣りがくる価格も嬉しいですが、ただ価格が安くなっただけではなくこのモデルならではの良さもあります。今回はそんな点を踏まえた早速開封の儀~外観のレビューをしてみたいと思います。

 こちらがパッケージになります。「快感重視の低速&高トルク仕様!」の文字が躍っていますが、ここがこの製品の最大のポイントです。従来の電動オナホの中には超低速だとトルク不足で止まってしまい、ある程度のスピードが必要なものもありました。

 しかしこの「A10ピストンBASIC」では低速で動かすことを前提に設計されていますので一番遅い1往復に3秒程度かかる超低速運転でもしっかり駆動します。更に7段階のステップがあり段階的に速度を早くすることも可能です。

 BASICのネーミング通り、内容物は電動オナホ本体とUSBケーブルと至ってシンプルで説明書はパッケージの裏に記載されています。SAと共通の専用オナホは「クローバー」が付属しますが、写真の通り付属オナホは本体にセット済なのであとはローションと「おかず」があれば即楽しめます。

 「A10ピストンBASIC」はレールポジション式のSAをシンプルなクランク駆動にして価格を下げたものたものと表現出来るかと思いますが、価格だけでなくもう一つ大きなメリットとして大きさが小さくなったということが挙げられると思います。

 1.5Lのペットボトルと比べてみましたが、上から見た面積ではSAの約半分になっています。このSAの約半分の大きさも扱いやすさというメリットになると思います。

 スイッチ類はこちらに集約されています。メインの電源は写真右下の部分にあり、ここの電源を入れてから「+」を押すとピストンを開始、押す回数が増えるとピストンの速度が速くなります。逆に「-」を押すと遅くなります。また一時停止ボタンを押すと押している間ピストン運動は停止します。

 このモデルはガチャガチャ動く電動オナホと異なり、低速でも安定して動くのが特徴です。1往復3秒程度(ストップウォッチ実測)の最も遅いピストン運動で押さえつけて止めようとしましたが、ピストン運動のトルクが勝りました。ゆっくり動かして楽しむことが可能な高トルクモデルです。

 クランク駆動にするとレールポジションの複雑な動きこそ不可能ですが、低速ピストンから確実に駆動するという点では非常に高性能なピストンマシンと言えます。高速ピストンとは異なるじっくりとしたピストンを楽しむには十分な性能です。

 SAの約半額でこれだけしっかりしたピストンモデルなら欲しいと発表当初から思っていましたが、実際手にしてそのトルクを確かめてますます期待が膨らむばかりです。次回は実際に使ってみた感想を「使ってみた編」としてお届けしたいと思います。


A10ピストンBASIC(エムズ)
他の取扱店:NLS通販大魔王FANZAAmazonなど

あわせて読みたい