タマトイズ今月のコラボはwotorika先生による「汐里」

 ここ最近毎月コンスタントにコラボの新作をリリースしているタマトイズですが、今月の新作はwotorika先生とのコラボで「汐里 アクリルパネル付き限定版」になります。アクリルパネルは先月の「理愛菜」に続いての採用となります。

 オナホールを店頭で手に取るきっかけになるパッケージイラストは競合が増えた今日とても重要な存在になり、各社人気絵師を採用するなどここ数年でそのレベルは格段に上がってきました。正直15年前位からオナホのパッケージイラストは見てきていますが、隔世の感すらあります。

 しかし多くの場合そのイラストは「手に取るまで」が役割でしたが、ここ最近のタマトイズの流れは「今お気に入りのオナホを持っているけど、この特典がほしいからこのオナホを買おう」のレベルまで購買動機を押し上げる存在になりました。

 勿論メーカー的にはオナホのクォリティを疎かにはしていませんが、ユーザー的には「オナホの内部構造とか気持ちよさよりこの特典が欲しい」という人も少なからず居ると思います。パッケージ絵にここまで価値を持たせたことは凄いことだと思います。

 しかしここはやはりオナホも見ていかなければなりません。今回の「汐里 アクリルパネル付き限定版」のオナホ本体は340gの一般的な重量のオナホです。内部構造はワインディング系の穴に螺旋ヒダというツボを押さえた構造です。特性としては柔らかさや刺激は普通、ややキツめの仕上がりになっています。

 オナホの好みもあると思いますが、オナホ本体は重さや作りから言って価格相応ですので、初回限定のアクリルパネルはその分が丸々サービスというかなりお得なセットです。今回も人気絵師が描いた可愛いくもエロいイラストになっていますので、気になる方はこの初回限定版があるうちに手にしたほうが満足度が高いかと思います。


汐里 アクリルパネル付き限定版(M-ZAKKA)

あわせて読みたい