COOLP「搾精オニャホ 肉球ポポン」先行レビュー、分かりやすいゾリゾリが気持ち良い

 本サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれますが、記事の内容は中立性を保つ様、細心の注意を払って編集しております。

 本日は2024年ホットパワーズ福袋に入っていたCOOLP「搾精オニャホ肉球ポコポコン」をレビューしてみたいと思います。まだ商品登録されていない近日発売になる予定の製品、いわゆる「先行レビュー」になります。ホットパワーズの福袋の楽しみの一つに、この様な「未来が見れる」という事が挙げられます。

 オナホの重量は約550gの肉厚系で素材の硬さは+1~+2程度の一層構造です。幾何学的な内部構造はCOOLPの得意とするところで、膣をイメージしたものとは別次元の気持ちよさを与えてくれます。

 それでは新春早々早速挿入してみたいたいと思います。このオナホの気持ちよさはエッジの効いたゾリゾリではないかと思います。ブロック状の突起の角の部分か、はたまた側面の細いヒダかは分かりませんが、ゾリゾリ確実に擦る感じが効きます。

 そのブロック部分をクローズアップしてみました。ブロック状の突起の角でも擦れそうですが、その突起には細いヒダがあしらわれています。このどちらかが「明確なゾリゾリ」を与えてくれるのです。また丸い凹みは肉球の跡にも見えますので、そこら辺までこだわってのネーミング&内部構造ならなかなか芸が細かいと思います。

 しかしその感触を楽しむ為にはローションは膜を薄く出来る「さらのびローション コビリツカナーイ」を推奨です。1回目は一般的なローションを普通に入れて試してみたのですが、イマイチ気持ちよくありませんでした。

 そこで「さらのびローション コビリツカナーイ」を使用して限界までローションを減らすとゾリゾリ来ました。スティックローションは付いていますが、くり返し使うなら「さらのびローション コビリツカナーイ」を別途購入することをおすすめします。

 しかし少量のローション量が決まるとエッジ部分がしっかりしごいてくれますので、明確な刺激を楽しめます。また当て方によっては少し痛気持ち良い感触も味わえます。パッケージが猫をイメージしていますからこの感触は「甘噛み」という表現が適切かもしれません。そんな感触です。

 そしてこのオナホで感じたのは差し込む時より引き抜くときに快感が伝わって来ます。これは体質にもよりますが、1・ローションはコビリツカナーイを極限まで少量に2・エッジの効いたゾリゾリを楽しむ3・差し込む時より引き抜く時を意識する、この辺を考慮して使って貰うと、高評価なオナホになるのではないかと思います。

■ オナホスペック表

中心部の外周 長さ 重さ 硬さ 膣圧計
24cm 17cm 550g +1~+2 23mmHg

 今回のオナホは福袋特典でまだ発売はされていませんが、近い将来発売になる製品です。すでにパッケージも用意されていますので、早ければ1月末頃には発売になりそうです。


搾精オニャホ肉球ポコポコン(M-ZAKKA)

おすすめ