僕のペロリンチョにペロリンチョして貰ったレビュー

901.jpg

 先日「個性的な形状、名前が味わい深いトイズラブ製品」という記事を書いたが、早速一つ試してみようと思う。今日試してみるのは「僕のペロリンチョ」、価格も気軽に試せる800円台。

901.jpg

 パッケージと付属のローション。ローションには「生膣躍動感 ヴァージン体感」の娘が描かれている。

902.jpg

 「僕のペロリンチョ」はフェラホールなので口の造形になっているが、オナホールらしい丸い穴が開いていて唇はオマケという感じだ。

903.jpg

 横の意味不明な溝。気持ちよさを追求した溝と異なり、唇のラインとのバランスを取ったデザイン的ラインのように感じる。他の「トイズラブの商品」もデザイン的ラインや装飾が多いのがこのシリーズの特徴だ。

904.jpg

 内部構造。下に当たる部分は大きくて長いイボのような造形だ。リアリティより「抜き道具」としての刺激を重視して上側にはイボがちりばめられている。

 それでは早速使ってみよう。「トイズラブの商品」は匂いが気になるという人もいるが、私的にはこんなものだろうという感じだ。ローションを入れ竿をしごいてみるとなかなかはっきりした刺激があっていい。かっちり刺激があるので即抜きにも使える。逆にフェラホール独特のまったり感を期待すると少し刺激が強いかもしれない。

 最近のフェラホールは素材を変えたり、ギミックがあったりで、それと比較すると派手さはないが、抜き道具と考えれば十分な刺激で気持ちよく、何より800円台の価格と考えると私的には「お値段以上」だと思う。

 また使い終わった後の手入れも素材がシンプルな分、慎重に扱えば裏返して洗える等ラフに扱える点も個人的には気に入った。


僕のペロリンチョ(ワイルドワン)

僕のペロリンチョ(NLS)

あわせて読みたい