SI-X Type.Wはミミズ千本?挽肉178g?

600.jpg

 トイズハートから発売された「SI-X Type.W」のコンセプトは「ミミズ千匹」。沢山のミミズの状の物に包まれる気持ちよさを気軽に体感出来るオナホだが、今日は挽肉の話をしようと思う。

601.jpg

 事の発端はみくらさんのこのツイート、なるほど確かに挽肉に見える。世の中「ビールの泡」をイメージしたオブジェを作ったら「ウ●コ」と言われたり、造り手と受け手で見方が異なることはよくあることだが、面白いのでそのまま挽肉の話で押し通したいと思う。

603.jpg

 これがGoogleで検索した「挽肉」の画像だ。

602.jpg

 この角度の写真なんかかなり挽肉っぽい。

604.jpg

 ところで「SI-X Type.W」はホッパで178gで935円だ。しかし基本肉の価格を語るときは100gあたりで話すので「SI-X Type.W」は100gあたり525円と言える。

 Amazonで「ハンバーグ 高級」で検索すると「黒毛和牛」「【地名】牛」みたいな高そうなハンバーグがたくさん出てくる。ここで「黒毛和牛」系の一つをサンプルしてみると100gあたり200円台だった、一方「【地名】牛」みたいなブランド牛だと700円台の物もある。

 「SI-X Type.W」の素材は形状が挽肉なだけでなく、100gあたりの価格も高級牛の価格帯だ。更に他社製品ではあるが、赤い「Monster colorローション」等を使用すればより擬似挽肉感が増すかもしれない。


SI-X Type.W

あわせて読みたい