淫惑ヴァージニティー、1.2kgの可愛いちっぱいトルソー

601.jpg

 「淫惑ヴァージニティー」は重さ1.2kgのトルソー型オナホだ。価格も4000円程度とこのサイズにしては手頃で、パッケージの女の子をモデルにした造型が少し惹かれたので早速レビューをしてみる。まずは造型編をお届けし、使用感のレビューは次回としたい。

601.jpg

 パッケージと本体、そして同梱のローションだ。しかしこんな写真だと大きさが分からない・・・、1.2kgの迫力が伝わらない。

602.jpg

 そこで大きさ比較の為に色々置いてみた。やはり1.2kg、550gのオナホとは箱の大きさの格も違う。

603.jpg

 箱の中は発泡スチロールのケースになっている。使い終わった後もきっちりメンテして保管すれば末永く使用できる。

 トルソー型オナホもこれ位の大きさになれば造型も気になるところ。全体的に生々しくは作られていないが、パッケージのイメージを表現した可愛らしい造型に仕上がっている。リアルさよりドールの様な可愛らしさがあっていいと思う。

 それでは少し造型も眺めてみたい。

604.jpg

 前側の造型はちっぱい仕様。おっぱいを揉める様に大きく作っているオナホが多いが、このオナホは撫でる、つねるが限界。しかし個人的にはこれでというかこっちの方がいいので今レビューしているw。

605.jpg

 後ろ側はお尻は丸みを帯びた造型となっているが、背中はさっぱりした造型だ。

606.jpg

 このモデルはこの大きさで二穴仕様を実現している為、骨格の組み込みはない。しかし素材の弾力性、大きさから写真の様に手に持ってもダラーとならず、扱いにくいと言う印象はない。

607.jpg

 先程も書いたが、このオナホはパッケージのお人形さんの様な可愛い女の子をモデルに造型しているのだ。そこで気分を盛り上げる為に小加工を行うことにした。

608.jpg

 B地区が少し寂しいので、着色してみる。TPEドールのお化粧用に購入したピンク色のチークを塗ってみた。小さめに塗って指でぼかす様にすると綺麗に仕上がる。オナホキングダムではパステルを使用してるが、どちらでも大丈夫。ちなみにチークは100均のものを使用している。

609.jpg

 完成。こんなボディなのでこげ茶色を使用して大きな丸を描いてはダメだ。ちょっと手を加えるだけでとても気分が盛り上がるのでオススメだ。

 それでは早速使用してみたレビューといきたいところだが、二穴のレビューを語るには少しスペースが足りない。一旦ここで終わりとし、使用感のレビューは後日掲載したいと思う。


淫惑ヴァージニティー(ホットパワーズ)
淫惑ヴァージニティー(amazon)

あわせて読みたい