スカート姿を突きまくれ!「ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり」レビュー

901.jpg

 YELOLABの「ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり」、先日その特徴的な造型についてお届けしたが、やはりオナホは使ってナンボ。今日は二穴使ったレビューをお届けする。

901.jpg

 パッケージとオナホ本体。「ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり」の特徴でもある造型、外観については前回のレビューを参照して貰いたい。今回は使用感も含めた「穴レビュー」だ。

902.jpg

 パッケージ裏の断面図の通り、二層構造の二穴仕様だ。

903.jpg 904.jpg

 挿れてみた感触は両穴とも緩い感じで締め付けられるというよりは包み込まれる様な気持ち良さのホールだ。前穴はワインディング構造でコブ状の感触を亀頭、裏スジに感じることが出来る。後穴はイボ、ヒダによる撫でられる様な感触。刺激が強いのは前穴だが、どちらも高刺激という感じではなく、ゆっくり撫でられる感触を味わうホールに仕上がっている。

 個人的にはホールの感触をゆっくり味わいたいなら良ホールと思うが、この辺のクラスになると気持ちよくて当たり前になりつつある今日、このホールの特筆すべき点はやはりこの一点だと思う。

905.jpg

 それは、スカート姿を突くこの背徳的ビジュアルだ!!1.5kgという重量に底側はフラットに造型されている為に安定した据え置き、腰振りが実現できる。この写真は撮影の為手を離しているが、片手で押さえ付けてあげるだけでよりエロいビジュアルになるし、安定する。


ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり

あわせて読みたい