尻ホールを使用して、今年の冬至は「ゆず湯」ならぬ「尻湯」を楽しもう

501.jpg

 あと10日ほどで冬至だが、冬至の日にゆず湯に入ると風邪をひかないらしい。そこで「ミニスカっと! 妹のソフトプリーツひらり」「ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり」を使用して「尻湯に浸かったら良尻にでも出会えるかな?」と挑戦してみた。

501.jpg

 今回は「ミニスカっと! 妹のソフトプリーツひらり」「ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり」を使用してみたが、尻ホールなら何でもよくビジュアル的にもゆず湯とほぼ同等だ。ちなみにずっしり重いオナホもこのように水に浮くのだ。

502.jpg

 「ミニスカっと! 姉のアンブレラプリーツふわり」をアップで撮影してみる。このように断面をカットしたアングルで撮影すると、まるで女性が湯船で尻を突き出しているような写真になる。

503.jpg

 「ミニスカっと! 妹のソフトプリーツひらり」の方が喫水が深く尻穴まで水没する。ちなみに「喫水」とは船舶の言葉で水に浸かっている深さををいう。

504.jpg

 ぷか~とゆっくり動きながら浮いているので撮影はなかなか難しい。カメラを水没させないように注意しよう。

505.jpg

一言、風流。

 尻オナホを持っている人は是非冬至の日に尻湯に浸かり、良尻に出会えることを祈願してほしい(絶対に良尻に出会えるとは言っていない)。

あわせて読みたい