まるごと小陰唇、見た目に惹かれてレビュー

101.jpg

 「まるごと小陰唇」は執筆時現在実売価格は500円を切っている格安オナホだ。普段はあまりこの価格帯のオナホレビューは行わないのだが、この造形に惚れて購入したのでレビューしてみたい。

101.jpg

 店頭で見た時の第一印象は「小さっ!」だ。しかし凄くリアルな造形で更に500円でお釣りがくる凄い製品。早速パッケージを開けてみる。

102.jpg

 実際小陰茎をモチーフにした造形は他製品にもあり、ある程度の所まで造り込めばそれ以上でもそれ以下でもない形だ。また大型オナホなどでは造形に拘り小陰茎なども美しく表現されている製品もある。しかし周辺に無駄な「肉」が無いのと、成型色のもたらす効果か無茶苦茶そそられる見た目だ。「まるごと小陰唇」のネーミングそのものの製品、理屈抜きにいい!

103.jpg

 しかしオナホなのでオナホのレビューもしなくてはならないだろう。握ってみると大きさはこんな感じで、一般的な簡易オナホと同じような大きさ。既にレビューしている人も言っているが、入口がリアルな反面、挿入が難しい。ビラビラ部分や自分自身にもローションをぬってビラビラで包み込むように挿入しなければならない。改めて小陰茎が挿入の手助けになるのだなと人体の神秘を再認識してみたり・・・。

 しかし挿入してみると一般的な簡易オナホ同様に楽しめる。肉厚が薄い分手の持ち方を工夫して自分が気持ちよい使い方で楽しもう。

 「まるごと小陰唇」は内部構造の違いで二種類ある。

あわせて読みたい