「半熟サキュバス サキュエルおっぱいDX」は3.4kgの迫力、キテルキテルWF2018夏ブースレポ

701.jpg

 サキュバスのオリジナルキャラクターでオナホや抱き枕を展開しているキテルキテルは「「キテルキテル」の製品色々」を並べてブース展開していたが、今回一番の目玉はPカップ3.4kgの新製品おっぱい「半熟サキュバス サキュエルおっぱいDXの先行展示、予約だった。

701.jpg

 今回ブース右半分にはキテルキテルがこれまでに発売してきた抱き枕やオナホがイベント特価で並んでいた。勿論人気の「半熟サキュバス外伝 淫魔忍法サキュ手裏剣 超コラボホットパワーズギャップ2層タイプ」の姿も!

※ 「キテルキテル」の製品色々


半熟サキュバス外伝 淫魔忍法サキュ手裏剣 超コラボホットパワーズギャップ2層タイプ

702.jpg

 そして左側には今回ブース一番の目玉である半熟サキュバス サキュエルおっぱいDXの姿が・・・。これは以前発売し現在は製廃になっている「半熟サキュバス サキュエルおっぱい」のDXという位置付けだ。

703.jpg

 今回のおっぱいは何とPカップ、3.4kgという迫力だ。前作の「半熟サキュバス サキュエルおっぱい」は1.7kgだったので重量で丁度2倍の重さとなる。

 ちなみにホットパワーズ人気の「ズリってホッパイ!チチフエタ」は3.0kgなので重量で見ると更に約1割大きいということになる。

704.jpg

 私の手は平均より少し大きいが、揉んでみるとこんな大きさだ。

705.jpg

 そして乳首は別パーツ化されているというのはこのクラスでは既に当たり前の仕様だが、境界がグラデーションになる様工夫されている。いかにも別パーツを付けましたという感じではなく、二次元イラストのグラデーション感を求めたということらしい。

 この状態にするためには二つのパーツを付けてから更に熱処理を施さなければならないが、そうした細かいところまで拘るところがキテルキテルクォリティと言える。

706.jpg

 上から見た写真。乳首は二次元系の綺麗なピンク色でグラデーションも美しい。勿論先っちょの(-)の窪みも勿論再現されている。

 正式な発売は8月頃を予定していて、価格は2万円を切る位の価格となるようだ。また詳細が判明次第ジョークグッズジャーナルでも告知していきたい。


半熟サキュバス サキュエルおっぱいDX

あわせて読みたい