エムズ限定オナホ「肉々苑 ハラミ」レビュー

 エムズの肉々苑、先日のハチノスに続き今日は「肉々苑 ハラミ」を試してみたいと思います。内部構造はハラミのスジに似せた螺旋ヒダになっていています。

 パッケージは3種共通で内部構造とコードが書かれた金色のステッカー部分が異なるだけです。今回はハラミの使用感を中心にレビューしたいと思いますので、製品全体のパッケージなどについては「ハチノス」のレビューを参考にして頂けたらと思います。

・ エムズ限定オナホ「肉々苑 ハチノス」レビュー

 カップは全長約14.5cm外周約21cm挿入口側の直径は約6cmになります。内部素材の硬さはホットパワーズの「お試しホール 職人の朝は早い」でいう±0~-1の硬さです。この辺のスペックは先日レビューした「ハチノス」と同様です。

 しかし内部構造は螺旋ヒダ、これにより全く味わいの異なるオナホに仕上がっています。こちらは動かすたびにこの螺旋ヒダがグイグイ攻めてくる様などちらかというと高刺激系のオナホです。先日試したハチノスが刺激ははっきりしているものの柔らかい感じだったのに対し、こちらはグイグイです。

 そして使い終わったらキャップを付けて燃えないゴミとして捨てればお終いです(各自治体の分別基準に従ってください)。パッケージのフィルムは全面肉のテクスチャで大変派手でしたが、これなら何を捨てたか分かりません。

 どんな感触のオナホがすきかというところでは人それぞれですが、「カップオナホはとりあえず手軽に抜きたい、適度な刺激があってサクッと抜けるものがいいな」という考え方で言うと「ハチノス」より「カルビ」かなという感じです。あと1種「カルビ」も早急に試してそれぞれの方向性を纏めれれば良いかなと思っています。


肉々苑 にくにくえん 超限定3種盛りセット

 ほぼ2本分の価格で異なる3本が楽しめる超お得なセットです。まずは好みもあると思いますので、これで自分の好みのオナホを決めてしまうというのもアリかと思います。

あわせて読みたい