「TENGA VACUUM GYRO ROLLER」エムズ秋葉原店の実機を触ってみました

 TENGAから昨年末に発売された「TENGA VACUUM GYRO ROLLER バキュームジャイロローラー 初回限定BOX」、エムズでも早速取り扱いを開始、秋葉原店1FのTENGAコーナにはデモ機も用意され実際に動かしてみることが可能でした。

 初回限定版は本体価格分で「ROLLING TENGA」1個が無料で付いてきます。本来はカップ別売の製品ですが、初回限定版はこれだけ買えばとりあえず1回楽しめます。推奨カップは回転運動に特化した「ROLLING TENGA」ですが、「ORIGINAL VACUUM CUP」「PREMIUM TENGA ORIGINAL VACUUM CUP」も使用可能です。

 モニターでは社長自ら解説中。多分下の公式動画と思われますが、特に吸引力の凄まじさには注目です、動画でもその吸引力が十分伝わってくる内容です。オートモードを使用した回転+吸引の複雑な動きはこの製品ならではの動きです。

 確かに従来のバキュームコントローラ単体も凄いことは凄いのですが、ストロークしながら更にボタン操作というとやはり面倒そうです。「自動があったらいいなと思いまして、自動を付けました」と社長が仰っていましたが、この自動モードが付いてバキュームコントローラは真の完成と言えるのではないでしょうか。

 更に回転運動についてもジャイロセンサーによる手動の回転の他、オートモードが搭載されています。

 動画の中で社長的には回転④+吸引④のプログラムモードを推奨していましたが、それぞれに4パターンがありますので、どれが一番かは自分の身体に聞いてみるのが一番でしょう。

 実際デモ機を触ってみます。回転部分が触れないようになっているのが残念ですが、オートモードの動きやトルクフルな回転動作を確認することは出来ました。また重量的にも一般的な電動オナホと比較して特別に重い、軽いといった印象はありません。重量は一般的だと思います。

 社長出演の動画を見たり、実機を触って動いているのを見るとかなり興味の出てきた製品です。回転運動や回転プログラムは他社の電動オナホでもありますのでそれ程でもないのですが、吸引とのコンビネーションでどの様に刺激が変わるのか?そこら辺がこの製品の一番のポイントだと思いますし、また大変興味深い製品です。


TENGA VACUUM GYRO ROLLER バキュームジャイロローラー 初回限定BOX

 「TENGA VACUUM GYRO ROLLER バキュームジャイロローラー 初回限定BOX」については下のレビューを参考にしていただければ幸いです。

あわせて読みたい