TENGA VACUUM GYRO ROLLERにS1 NO.1 STYLEプレミアカップを装着してみた

 「TENGA VACUUM GYRO ROLLER バキュームジャイロローラー」に「S1 NO.1 STYLE エスワン ナンバーワンスタイル プレミアカップ ソフト」を装着できないか?と思い装着してみたところ、まさにピッタリサイズという感じで丁度良い大きさだった。

 そこで実際に使えるのかということで実際に試してみたのですが、結論から言うと回転は使えますが、バキュームはダメでした。

 まずは回転ですが、TENGA純正の様にしっかり装着できて空転などはありませんでした。また「S1 NO.1 STYLE エスワン ナンバーワンスタイル プレミアカップ ソフト」の内部構造が回転動にも対応している様に気持ち良かったです。

 一つコツを申し上げておくと、挿入時にはリリースバルブボタン(「R」と書かれたボタン)を押して挿入すると挿入しやすいかと思います。カップの上側の穴が開いている状態がリリースバルブボタンを押した状態、、指で押さえている状態がリリースバルブボタンから手を離している状態です。

 内部構造を見て頂くと回転動でも刺激が伝わりそうです。内部構造については下のレビューをご覧頂きながら刺激を想像して頂ければと思います。

 次に「吸い付くバキューム感」についてですが、こちらは残念ながら達成出来ずでした。バキュームを動作させるとエラストマー部分が中に吸い込まれていくだけで竿がホールに吸い込まれるような感じはありませんでした。TENGAと何か違いがあるのではないかと思います。

 そしてここからは私の推測なのですが、S1のカップはホール内部に水を入れても水風船になるだけですが、TENGAは1カ所ピンホール大の穴が開いておりそこから水が出ていました。今自分が認識している違いはそこなので、上の図の様にそのピンホールの穴を開けてみました。

 そこで再度挿入してみると今度は最高のバキューム力を発揮するのですが、カップ縁の引っ掛かりが保持できていないようです。そのまま回転動を始めると引っ掛かって止まってしまいました。必要以上の力が掛かると停止するTENGA側の安全装置の存在も初めて知りました(凄いぞTENGA、というよりそういう状態になるので真似しないでください)。

 バキュームはカップへのエラストマーの引っ掛かりが弱く使えない様です。またバキュームを動作させて引っ掛かりが崩れた状態で回転させるのも危険です。回転はオナホをキチンとセットした状態でバキュームを使用しないで使用するのに留めておいた方が良さそうです。

 使い捨てのTENGAではなく、繰り返し使えるカップの互換性を発見したらノーベルオナニー賞並の快挙と頑張ってみましたが、やはり純正に勝る性能はありません。きちっとセットした状態での回転動では使えそうですが、バキュームは使用不可という感じです。

※ 今回の実験はジョークグッズジャーナルが所有する個体で実験してみた結果であり、全ての個体において同様の結果になることを保証するものではありません。また両メーカーも推奨していない使い方になりますので実施の際は自己責任においてお願い致します。ジョークグッズジャーナルでは損害が生じてもいかなる責任も負いません。


TENGA VACUUM GYRO ROLLER バキュームジャイロローラー 初回限定BOX(エムズ)
他の取扱店:NLSFANZAAmazonなど


S1 NO.1 STYLE エスワン ナンバーワンスタイル プレミアカップ ソフト(エムズ)
他の取扱店:M-ZAKKAFANZAなど

S1 NO.1 STYLE エスワン ナンバーワンスタイル プレミアカップ スタンダード(エムズ)
他の取扱店:M-ZAKKAFaNZAなど

あわせて読みたい