わからせ鬼退治~大人が負けるはず無いんだが!?~ 完敗レビュー

 今日はホットパワーズの新作「わからせ鬼退治~大人が負けるはず無いんだが!?~」を早速試してみたいと思います。「メスガキ」をコンセプトにしたオナホールとのことですが、使ってみた感想としてはメスガキ感はかなり出ていると思います。そんなところもレビューがてら書いていきたいと思います。

 まずはこのオナホ、ホットパワーズで言うところの小型タイプで長さ約14.5cm、中心部の外周約18cm重さは298gです。素材の硬さはホットパワーズ基準+1とやや硬めです。今回はこの小型、やや硬めという性質を利用してメスガキ感を出しているというのがメーカーの弁ですが、実際に挿入してみたいと思います。

 まず挿入しようとすると入りにくいです。実用性で考えればスルッと入る方が良いのでしょうが、この少し押し込むようにしないと入らない感じがメスガキ感ではないでしょうか。

 内部は3区画に区分けされ手前からコブ+ヒダ、3連子宮口ギミック、極小ツブといった構成になっています。そのうちのコブ+ヒダ、3連子宮ギミックの所は鈍いゴツゴツとした刺激で、子宮口とは書きましたがポコンと抜ける様な感じではなく鈍い刺激という印象を受けました。

 そして極小ヒダは逃げられない気持ち良さとでも表現するのが良いのでしょうか、少し動かすだけでゾクゾクする様な刺激が襲ってきます。更に恐ろしいのは前半、中盤の高刺激部も竿をしっかり刺激してきて快楽から逃れられない感じです。そしてこれはピストンだけでなく回転でも感じることが出来ます。

 入りにくい入口をこじ開けるように挿入すると、若くてハリのある内壁にカリは容赦なく刺激されます。更にその刺激から逃れる為にその奥に竿を差し込むと、そこは少し動くだけで全身に来るような刺激が押し寄せてきて来る快楽地獄です。大の大人がその快楽を我慢できず、メスガキに蔑まれながら本能のままに腰を振ってフィニッシュというストーリーです。

 パッケージデザインが好みで高刺激系が好き、逃れられないような快感を味わいたい、そんな人ならかなり満足度の高いオナホではないかと思います。、小型の持つ特徴を最大限に生かした結果、小型=安い、簡易的というイメージを覆すオナホに仕上がっていると思います。

 ホットパワーズは少量生産的な所がありますので、大工場で大量に作られるオナホと比較するとg当たりの価格はどうしても割高になりがちです。しかしそれでも欲しいというヒット作を数多く生み出しているメーカーではありますので気持ち良さの元は取れるオナホということは言えそうです。

 そういう視点で今回のオナホを見てみると「こんだけ気持ち良くて2090円?」という感想なので、対気持ち良さのコストパフォーマンスもかなり優れているオナホと言えそうです。

オナホの気持ちよさ・・・★★★★★ (逃れられない高刺激)

メスガキ感・・・★★★★★

コストパフォーマンス・・・★★★★★

総合満足度・・・★★★★★

■ オナホスペック表

外周 長さ 重さ 硬さ
18cm 14.5cm 298g +1


わからせ鬼退治~大人が負けるはず無いんだが!?~(ホットパワーズ)

あわせて読みたい