伝説の「三峯ほおる」レビュー

101.jpg

 昨日ホッパのオナホランキングで「三峯ほおる」が9位にランクインしたと書いたが、今日はその伝説のオナホ「三峯ほおる」をレビューしてみたい。



101.jpg

 パッケージイラスト。この画風こそが二十数年変わらない三峯徹氏の画風であり、彼を伝説とする所以なのだ。ちなみに2013の文字があるので今から5年前に描かれたイラストだ。

102.jpg

 内容物はオナホ本体、ローション、パッケージの脱衣バージョンの絵葉書が入っている。絵葉書は線画になっているので色鉛筆やコピックで着色してもいいかもしれない。またオナホ挿入口の造形は逆に最近のホッパらしくなくリアルな造形となっている。

103.jpg

 郵便番号072は北海道美唄市の番号になる。スカットスッキリが「股間観光シリーズ02 北海道」というオナホを出していたが、北海道に関係のあるものが続く。ちなみに末尾4545は実在しないので7桁で見ると架空の郵便番号だ。もっとも「072(オナニー)」と書きたかっただけで美唄は全く関係ないという話もある。

104.jpg

 懐かしイラストが含まれた底の部分。ちなみにホットパワーズの住所中野区中野5-50-9も旧店舗の住所で現在の住所ではない。外装についてはこれ位にしてそれではオナホ本体を見てみたい。

105.jpg

 「M〇X た〇がわ」を連想させる流線形デザイン。横にペットボトルを置いたのは大きさ比較のため。価格による先入観で写真で見るとちゃちなホールに見えたが、一般的なハンドオナホに比べ太め、スラントノーズの為ストローク長はやや短めというスペックだ。本体重量490gで税込1323円というホッパでは考えられないコスパの高さを誇る。

106.jpg

 内部は大きめのイボによるスパイラル構造という感じだ。「耳たぶ弾力」と呼ばれるMATE素材と相まって普通に見持ちよいオナホという感じに仕上がっている。

 伝説のホールが再生産と話題を呼んだが、生産数は1000個。今度売り切れたら次はいつになるか分からないし、もう生産しないかもしれない。送料もあるのでこれだけ注文という訳にはいかないと思うが、ホッパで買い物するついでに是非このオナホもゲットしてみて欲しい。オナホ品質は価格以上、それ以上にパッケージからコンセプトまでもっとも三峯チックなホールなのだ。


三峯ほおる

グッズレビュー他の記事

  • 「リアルボディ+3Dボーンシステム ちっぱい皐月もも」パッケージレビュー
  • 「ときめき妄想リアリティ セブン(セイラ)」は小さな高級車みたいな拘りの詰まったトルソー
  • ラブボディ COCO専用 ココの柔肌 レビュー
  • 木偶の坊 セックスドール 座りタイプG 夏音 ホールポケットレビュー
  • 明治書店「ワンコイン 抜キット」お気軽サクッとレビュー
  • 伝説の「三峯ほおる」レビュー
  • タマトイズ「インサートエアピローDX」、存在感はインサート~シリーズ最強
  • maccos JAPAN「ロリアル・アラモード」に服を着させて雰囲気を楽しむ
  • トイズハートの年賀タオルは自社ドールの〇〇に完全対応
  • SSI JAPAN「エア・ドリーム」娘にぶっ太いモノを色々挿れてみた
  • 2018年4月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8