レトロなパッケージが斬新「オナニス技研 オナホウルH」レビュー

201.jpg

 「オナホウルH ピンクハード 新世代男磨き」のレトロなパッケージに惹かれお一つ購入してみた。「H(ハード)」と謳っているが、即抜きに使いやすい手頃な小型オナホだ。



201.jpg

 パッケージと内容物。全体としてレトロなコンセプトではがきサイズのカードが入っている。個人的にオナホ云々前にこう言うコンセプトは好き。

202.jpg

直径48mm位、長さ122mm位の小型オナホの大きさだ。しかし既視感のあるオナホだ、確か・・・。

203.jpg

 やはり「MUGEN∞ しりぺっと」の物と同じだ。内部構造、素材見た感じ全く同じ。つまりMUGEN∞ しりぺっと」の交換用オナホとしても使える。というか、一時期店頭に「交換用オナホ」として並んでいたが、「交換用オナホ」だと当然ながら本体を持っている人しか買わない。このオナホ単体でも十分使えるので、この様なアプローチは面白いと思う。

 ところで「MUGEN∞ しりぺっと」の話になったが、発想が新しくもう少し詰めが欲しいところではあるが、「オナホの中にオナホをセットする、メンテが簡単な尻オナホ」と面白いオナホだった。興味がある人は「MUGEN∞ しりぺっと」の商品ページを見てみて欲しい。


MUGEN∞ しりぺっと

204.jpg

 今回はハードタイプの「H」を使用してみたが、心地よい気持ちよさで即抜きに手頃な感触だった。「MUGEN∞ しりぺっと」のものを単体で使用するという発想は無かったが、新しいものを作る際に良く練られた造りだと思う。1000円前後の価格でこの使用感、新しいコンセプトのパッケージ、しかもレトロなカード付でパッケージにビビッと来た人ならオススメしておきたい。

205.jpg

 カードをスキャンしてホーロー看板風の写真にしてみた。「MUGEN∞ しりぺっと」の付属品持っているけど、ソフトも買おうかな。

オナホールレビュー他の記事

  • 生素体 04レビュー、何も足さない、何も引かない。見た目も挿れ心地もリアルな一本
  • 「セブンティーン ボルドー」レビュー、6年前の設計が今日も通用する実力派
  • ラブボディココ専用ホール「ファビュラス」レビュー。液だれしにくいのでぬいぐるみ系にも有用
  • レトロなパッケージが斬新「オナニス技研 オナホウルH」レビュー
  • 「おなほのあほすたさん」レビュー、ネタっぽいパッケージだが、突っ込んでみると気持ちよい
  • 2019年1月

        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    

    TWITTER

    中の人

    hirano.jpg

    平野 敏明

     中の人はキャラドールトランシス(http://www.jdnet-go.jp/)の妹尾 好雄です。ドール関連品を買いに行ったついでに見たもの、驚いたものを記事にした事が始まりの本Blogですが、トイズマガジン様のレビューを担当するにあたり、もう「ついで」ではないという決意も新たにこちらは平成28年3月より「平野 敏明」と致しました。この名前はカメラマン時代に当時の編集長から名付けて頂いた名前でもあります。なるべく多くアダルトグッズショップへ行き、そのときに見つけたものとか買った物をレポートしています。メールはこちらまでお願いいたします。

    toysm.jpg

    トイズマガジン様に連載中
    グッズレビューをはじめとする記事は多くの方に読んで頂いております。
    ドールコラムはこちら

    いつもお世話になっています

    Powered by Movable Type 6.0.8