「TENGA FLIP」シリーズをラブドールに使用するメリット

103.jpg

 「TENGA FLIP」シリーズはスタイリッシュで使いやすいオナホというコンセプトで生まれた製品だと思いますが、実はラブドール、ピローに装着して使うのにも便利なのでは?と思い試してみましたところ良い感じでした。

101.jpg

 全長は約17cm、一般的なオナホより少し長い感じですが、長さはドール各社とも余裕がありますのでこの辺はあまり問題なさそうな気がします。

 またオナホ生地が露出しているのは半透明部分のみで他の部分はプラスティックで覆われていますので装着時にラップやビニール袋で包む必要はありません、ラブドール向きな特徴の一つと言えそうです。

 また外側のプラスティックが完全に覆っているときつい感じになってしまいますが、圧迫出来るように中央部がフリーになっているので逃げが生じ感触もマイルドになります。

102.jpg

 太さは最も太い部分で外周23.5cmです。名器クラス対応のポケットなら入りそうです。

103.jpg

 ふぇありーどーる「おすわり」ののに装着してみたところ楽々に装着出来ました。名器の外周24cmとほぼ同じ太さですのでこの辺のドール&ピローなら気持ちよく装着出来ると思います。

104.jpg

 また「TENGA FLIP」シリーズの特徴はこの様に開いて簡単に洗える、完璧に乾燥できることですから、使用後のメンテナンスも簡単です。これはラブドール抜きにしてオナホメンテ永遠のテーマですから嬉しい特徴です。

105.jpg

 なお結合部はプラパーツが噛み合う様にな構造になっており、オナホ素材自体がパッキンの役割も果たしますので液漏れの心配もないでしょう。

106.jpg

 また外側がプラパーツ故に動いてしまうような場合には滑り止めマットなどを適宜巻いてあげレば良いかと思います。ちなみにインサートクッションピローDXは圧迫が緩いので「装着しやすい」というメリットは半減ですが、滑り止めマットを巻いて装着しています。

108.jpg

 装着するとこの様な感じです。スタイリッシュで格好いいというTENGAのコンセプトとは真逆の二次元ピローに装着してそのギャップも楽しめますw。

107.jpg

 慣れてきて圧迫量を調整したくなってきたらこの様にDIY店で売っているスポンジを利用して圧迫部に貼ってあげるのも手だと思います。

 「TENGA FLIP」シリーズがラブドールに最適なオナホというと言い過ぎかもしれませが、この製品ならではの特徴のベクトル線上にラブドールが求めていたオナホの理想形があるような気がしました。


TENGA FLIP ORB フリップオーブ ブルーラッシュ
TENGA FLIP ORB フリップオーブ オレンジクラッシュ

TENGA FLIP ORB STRONG フリップオーブ ストロング ブルーラッシュ

TENGA FLIP ORB STRONG フリップオーブ ストロング オレンジクラッシュ

あわせて読みたい