欠品中なるも、Amazon「えあ★たいつ」のカート開放中、予約は可

DSC_0215.jpg

 「えあ★たいつ」は宇佐羽えあシリーズの中でも何時からかも思い出せない位長らく欠品になっていた製品ですが、現在「在庫無し」になってはいますがAmazonで予約注文が可能です。こちらも再生産の目途が立ったのでしょうか。


えあ★たいつ

 10月末にえあ★ますく8種類が再生産されたことをお知らせしましたが、その後実際に一つ購入して旧製品との比較をキャラドールトランシスで実施してみました。実際手にして新製品はイラストから元製品を模倣して作られたような感じで、材質や仕上げが異なることから工場も別と推測しました。

 ここで誤解があるといけないので一言断っておきますと、模倣と言っても新製品が悪いという意味ではありません。ただ止っていた工場を再稼働したというより、全く別のスタッフの手によって一から製品化された製品という印象です。多分「ただ再販した」と普通の人が考えるよりずっと中の人は苦労しているのではないでしょうか?

・ えあ★ますく8種がAmazonに在庫復活(ジョークグッズジャーナル)

・ 新・えあ★ますく レビュー(キャラドールトランシス)

 余談ですが、10月に欠品していた黒色ボブのえあ★うぃっぐも在庫が復活していました。


えあ★うぃっぐ(ボブ)ブラック

 今回の件で感じたのは、そこまでしても再生産する価値のある市場、ニーズがあるということだと思います。このままフェードアウトしても諦めムードもありましたから誰も文句を言わなかったはずです。しかしTokyoLibido(NPG)がそういう認識でいてくれるのはファンとして嬉しい話です。

 実際ここ数年で宇佐羽えあを購入できる年齢に到達した人も多く居ると思いますし、初期の頃お迎えして汚れてきた、破損した等でリフレッシュしたい人もいるでしょう。「他社で似たものがあるから代わりにそれでいい」という考えにならないところがドールの世界です。

 しかしお復活は嬉しい話ですが、一方でTokyoLibido(NPG)内でどういう動きをしているのかが分かりませんので、今後長らく製品が安定して供給させるのか、それともまた一回きりで欠品が続くのかが私には分かりません。もし欲しい方が居たら早めに購入しておいた方が良いでしょう。

 ところでドールというジャンルは他の製品と比べて息が長いのも市場の特色の一つです。宇佐羽えあ誕生の半年後位にデビューした「ふぇありーどーる もも」も未だに現役で流通していますからお迎えが可能です。

 勿論単発で消えていった銘柄も多くありますが、良いものは多くのファンを呼び、その後何年にも渡って購入してくれる人が続きますので、是非メーカーの方には長い目で見て良いものを市場に投入して貰いたいところです。

ふぇありーどーる もも
ふぇありーどーる もも

 宇佐羽えあは2012年春、ふぇありーどーる ももは2012年秋でほぼ同期です。

DSC_0215.jpg

 とりあえず宇佐羽えあはラインナップが安定してきたら是非ポーズのバリエーションも欲しいところです。他にもエアドールを手掛けたノウハウもあると思いますし、期待したいところです。しかしキャラクター造りは「アニメに興味の無い人が頭の中にあるアニメっぽいもの」を作るのが一番失敗するパターンですので、エロゲメーカーとのコラボなどが近道かもしれません。

 色々好き勝手を書きましたが、やはり一世を風靡したシリーズが徐々に復活しているだけに期待していますし、応援もしたいところです。


えあ★たいつ

あわせて読みたい