私が奥乃宮子宮(おくのみやうてるす)KO★BUKURO レビュー

 久しぶりの更新になり、申し訳ありません。今日はホットパワーズのオナホ「私が奥乃宮子宮(おくのみやうてるす)KO★BUKURO」をレビューしたいと思います。最近流行りの子宮口の奥を楽しめるオナホですが、手前、子宮口、奥と作り分けられていて、それぞれの感触を使い分けながら楽しめます。

 パッケージです。実は今回この製品をレビューしてみようと思った一番の理由はパッケージです。パッケージを見ていたらついカートに入れてしまった、そして製品が到着したのだからレビューしようという感じです。

 単に可愛いとか上手いではなくどんな感触なんだろうととか、突っ込んでみたいとエロい気分にさせてくれる絵はとても大切だなと思います。

 オナホは同社のいわゆる中型タイプになります。全長約17.5cm、胴部分の長さ約13cm、胴部分の外周約19.5cm挿入口側の高さ約7cmになります。首部分が明確になっていますのでホールポケットのあるドールピローにもセットしやすい形状です。

 オナホ本体の重量は実測で422gでした。素材の硬さはホットパワーズの「お試しホール 職人の朝は早い」でいう±0の硬さです。内部を3つの刺激で構成していますが、それぞれの内部構造をきっちり伝えられる硬さで刺激が明確に感じられるセッティングです。特に子宮口を突き抜ける時の感触はこれ位の硬さが必要かもしれません。

 それでは早速挿入したレビューを行っていきたいと思います。このオナホも最近流行りの子宮の奥を楽しめるというファンタジー系オナホです。子宮の中は想像の世界ですからその中にもホットパワーズらしい気持ちよさを追求した世界が広がっている訳です。

 刺激は全体的にはっきりしていて万人向きだと思います。無理矢理搾り取るという感じではありませんが、明確にしごかれている感じです。

 このオナホでは子宮口手前の刺激、子宮口を突き抜ける刺激、そして子宮口の奥を楽しむ世界という3つの世界で構成されています。刺激度で言えば手前から順に中、強、弱という感じです。

 手前のそこそこの刺激が楽しめるところでごちょごちょやるのも気持ち良いですが、子宮口を突き抜ける感触が個人的にはクセになってしまいました。奥の部分は手前、子宮口にそこそこの刺激がありますので少しじらすような弱めの刺激と解釈しました。

 色々書きましたが、やはり一番は子宮口を亀頭が突き抜ける感触でしょうか。素材の固さも普通ですので刺激が明確な方が身体が喜ぶのかもしれません。

 また首部分がはっきりしているのでこの形状はドールやピローにも装着しやすいので、折角なので挟んで使用してみます。手持ちとはまた違った感触が楽しめますが、チ〇コの先に全神経を集中させ3つの作り訳を楽しむという楽しみ方では手持ちの方が良いかもしれません。

 しかし何もかも忘れてひたすら腰を振れば、刺激は明確なのでこれはこれで気持ち良いです。

 「内部構造が・・・」とか「コンセプトは?」などをすっ飛ばしてパッケージだけで購入してしまったオナホですが、私的には子宮口を突き抜ける感触だけで満足です。そしてただ単調にピストンするより内部構造を理解して使い分けるよう意識すると更にこの製品を楽しむことが可能だと思います。


私が奥乃宮子宮(おくのみやうてるす)KO★BUKURO(ホットパワーズ)

あわせて読みたい