亀滅の八重歯レビュー

 先月末の発売直後は話題になりすぎて買えないオナホの一つでしたが、というよりここまで品薄になるハンドオナホは無かったのでは?と思う位の勢いでしたが、最近ではAmazonでは普通に購入できる様になってきた「亀滅の八重歯」をレビューしてみたいと思います。結論だけ書いておくと「痛くない」です、「気持ち良い」です。

■ オナホスペック表

外周 長さ 挿入口高さ 重さ 硬さ
19cm 13.5cm 7.5cm 319g +2
・ ザックリどんなオナホ?
 八重歯部分を除くと緩め、低刺激のフェラオナホですが、八重歯にカリを弾かれる感覚はこの製品ならではです。ちなみに見た目で想像する様な痛さはありません。

■ レビュー

 それでは早速レビューをしていきたいと思います。読者の皆さんが一番知りたいところはやはり「八重歯」ではないかと思うのですが、とりあえずいつも通り全体像から紹介していきたいと思いますのでいま暫くお付き合いいただければ幸いです。

 まずはいつも通りオナホの大きさを計測します。オナホの全長は約13.5cm、中心部の太い場所で外周は約19cm挿入口側の高さは約7.5cmになります。

 そしてオナホの重量は319gでした。外側の素材の硬さはホットパワーズの「お試しホール 職人の朝は早い」の+2、膣系ホールと異なり硬めの素材で纏められています。

 外観の状態は以上です、それではいよいよ口の中について見ていきたいと思います。

 口の中の造形は写真の様になっており、商品名の八重歯だけでなく舌や上側のあばら骨状になった部分まで上手く表現されています。変にオナホ要素を盛り込まず忠実な口腔模型と言っても通用する様な仕上がりです。

 そして気になる八重歯は人間の歯の様な固いものではなく、弾力があり痛くありません。素材の硬さはホットパワーズの「お試しホール 職人の朝は早い」で最も固い+4位ではないでしょうか。明らかに一線を画す硬さはあるものの弾力のある素材です。

 そして舌は±0位の素材ですので口の中のピンク色部分は一般的なオナホの硬さという感じです。

 歯は先程も書きましたように硬めの別素材ですが、肌色の歯茎部分としっかりくっついていてこの辺も本物っぽい要素です。某アニメを彷彿させるパッケージやネーミングは「ネタオナホ」的な印象を与えてしまいがちですが、造型はかなりガチだと思います。

 パッケージ後ろ側の内部構造図。喉の奥までしっかり使えます。

 で気になる使用心地ですが、八重歯部分を除けば緩め、低刺激の一般的なフェラオナホという感じです。そして先程も書きましたが、この製品のメインである八重歯は見た目の印象と異なり痛くありません。「亀滅」ですが、カリを上手く弾いてあげれば気持ち良さは増幅します。

 しかし同じ場所を往復させているとやはりこの形状ですから擦れた様な痛みを多少(本当に極小ですが)感じます。漫然と前後動させるより顔を左右に振りながら頬張る様に変化を付けて動かしてあげると八重歯の良さが効いてきます。

 また上下を厳格に守る必要は全く無く横にしたり、あるいは上下さかさまにしたりすると、八重歯、舌などの当たる位置が変わりますので刺激の変化が楽しめます。

 発売直後は「今年最後にして最大のパロオナホ」という感じで各所で品切れ続出となったオナホですが、パロ、おふざけはパッケージの話でオナホ本体は造型的にも、ギミック的にも試してみる価値のあるかなり真剣な造りです。話題だけでなく実力も十分にあり、是非八重歯にカリを弾かれる感覚を味わってほしいオナホです。


亀滅の八重歯(エムズ)
他の取扱店:通販大魔王Amazonなど

 執筆時現在の在庫ですが、一時は壊滅状態でしたが、現在は時々見る限りAmazonでは購入できるようです。

あわせて読みたい